開催概要

大会名称 ROOTS JDL - ALL JAPAN AE86 DRIFT FESTIVAL 2019 -
開催場所 日光サーキット(栃木県) Google Map
開催日時 【練習日】2019年5月11日(土)
【レース日】2019年5月12日(日)
参加クラス AE86
主催 【5/11】アンビシャス
【5/12】株式会社DKアソシエイション
認定 株式会社DKアソシエイション
協賛 BRIDE
株式会社ツツミワークス
株式会社GFA
株式会社ビジネスマネジメントコンサルティング
Expert OZ
GarageINFINITY
GOODRIDE
j-blood
小泉商会
logicool
PC Matic
MOTUL
Orange Planning
RAYS
Racetech
Racing Service Watanabe
Second-link(株)
SHP Enginering
SUSPENSION PLUS
東京デザインテクノロジーセンター専門学校
YOKOMO
ZEGRACE
後援 有限会社テックアート
とちぎテレビ
協力 TOKYO MX
前売券 ROOTS JDL 
当日券 ¥1,000
高校生以下 入場無料
駐車料金 無料
イベント詳細 レギュレーション詳細 参加者・ブース出展社様へ

オープンクラス グループ分け決定

該当されるドライバーの方は確認をお願い致します。

画像クリックでPDFを開けます。

画像クリックでPDFを開けます。

※イベントスケジュールは当日の進行状況により変更となる場合がありますのでご了承ください。

審査員決定

募集開始から既に満員御礼のクラスもありますが、審査員を発表したいと思います!!

日本最速AE86乗り鎌田芳徳さん
Hot-Version AE86 N2決戦優勝ドライバー
愛車は7AGターボを換装したスプリンタートレノのブラックリミテッド!!

ドリフトキング土屋圭市!!
愛車はもちろん、スプリンタートレノ
最近注目を集めるe-sports の※“ROOTS” も手掛ける!!

黄色と黒のコントラストが映えるJZX90で全国各地のドリフト大会に参戦する現役ドライバー
フォーミュラDジャパン優勝ドライバー
ドリフトを始めたきっかけがAE86という正真正銘の86乗り!!
ヘイメンプロダクツ代表箕輪慎治さん

※ROOTSとは、PlayStation 4を使ってグランツーリスモSPORTSのレースを行う大会である。
本大会のROOTS JDL は実車をイベントとして、ROOTSの姉妹関係にあり、ゲームから実車への橋渡しをおこなう!!

実況解説

マスターオブセレモニー北川義隆さん

特別コメンテーターチョコブランカさん

採点方式

今回の審査は2本の試技(単走)を2名の審査員で採点し、2名が採点した得点の平均が結果となります。
その2本の結果で得点の高い方を採用し、順位を決定いたします。
その得点が同点だった場合は次の得点の高い方を採用し順位を決定します。
更に同点だった場合、副審が採点した得点が反映され順位決定となります。
副審は、1本1本の得点ではなく2本の試技の平均点が得点となります。
1発にかける醍醐味もありつつ、職人技の様に得点を出し続ける選手が勝つ!!と言う要素があります。
更に同点の場合は審査員長のスコアブックを参照し減点法で審査員長が決定します。

追走トーナメント

追走トーナメントの決定方法についてご説明します。
単走に出走される24台全てが予選落ち無しで追走に進む事ができます。
その単走結果の上位8位がシード権の獲得としてベスト16からの対戦となります。
そして、単走結果の9位から24位はベスト24の対戦として9位以下16台の追走トーナメントを戦います。
トーナメント順はシードの8台は指定した枠順となり、9位から24位は追走ブリーフィングの後
単走9位から好きな枠を選び全ての枠順を決定いたします。

大会進行について

5/12(日)はタイムスケジュール通りの進行予定ですが、
現場の状況によっては変更もありますので随時ご確認ください。
早い段階で判明した変更については、ツイッター等にて告知いたします。
(11日の前日練習会についても同様とします)

オープンクラスの進行について

単走はゼッケン順にAグループとBグループの2グループに分けで進行します。
Aグループの12台がコースインし、1周のウォームアップがあります。
審査試技は2本で、1本目の1台目から12台目、そして2本目の1台目から12台目となります。
その後にBグループがコースインとなり、Aグループ同様に進めます。

追走は、ベスト24の16台からトーナメント戦を行い、16台全てがコースインとなります。
単走同様、1周のウォームアップがあり、トーナメント表の左の枠からの対戦していきます。
それぞれの先行、後追いで走行し、勝敗確定後は全車ピットへ戻ります。
そして、ベスト16の対戦となります。

ベスト16はシードの8台とベスト24で勝ち上がった8台の計16台の対戦で、
こちらも16台全てコースインし、ベスト24同様1周のウォームアップがあります。
対戦順もベスト24と同様です。
ベスト16の勝者はグリッドに残りベスト8の対戦順に整列します。敗者はピットへ戻ります。
ベスト8、ベスト4と続けて進行します。
必要に応じてピットでの作業が可能となりますが、
ベスト4の対戦が始まった後は、メンテナンス時間に5分間の制限を設けます。
5分以上メンテナンスが必要の場合はリタイアとなり、
対戦相手は自身が問題なく走行できる事を証明する為に試技を1本走行し勝敗を決定します。
どちらも走行出来ない場合は走行順を変更および単走の結果での順位決定とします。
ベスト4の敗者は3位決定戦があり、次に決勝戦となります。
3位の車両はグリッドで待機し、審査席前での優勝者発表後審査席前で整列する。

会場サービス

5/11-12開催のイベント会場にタイヤサービスが来ます!!

作業工賃は1本1,000円です。

廃タイヤは各自持ち帰りで御願いします。

どうしても処分をご依頼したい場合には1本500円で承ります。

協力:タイヤサービスJ・K・T